Home >AAOSTitle目次
AAOS からの引用・要約です

肩手術後の運動ガイド Shoulder Surgery Exercise Guide

正常な肩の動きや柔軟性を取り戻すために、規則的な運動、ゆるやかな日常活動への復帰、リクリエーション活動などは、完全な回復にとって重要です。 担当の整形外科医と理学療法士は、回復初期に、1日に10〜15分の運動を、1日に2〜3回行うよう勧めるでしょう。 彼らは、以下に示すような運動を提案するかもしれません。
このガイドは、あなたの運動と活動プログラムをより良く理解するのに役立つでしょう。


振り子運動、回旋運動 Pendulum, Circular -
支持のためのテーブル・台を使用して、腰の所で90度に曲げる。
身体を円形のパターンに揺り動かし、 腕を時計回りに10回、次に反時計回りに10回動かしてください。 1日に3セットしてください。 


肩の屈曲:前方挙上(補助しながら)
  Shoulder Flexion (Assistive)
-
一緒に手を握り、腕を頭の上に持ち上げます。
横になって行ったり(図A)、
座って(図B)、行うことができます。
肘をできるだけまっすぐにしてください。 10から20回繰り返すこと。 1日に3セットしてください。


支持しながらの肩回旋:内旋(左図)、外旋(右図)
 Supported Shoulder Rotation
-
肘を適切な場所に置き、肩甲骨を下げます。 前後に前腕を滑らせてください。 10回繰り返してください。 1日に3セットおこないます。


這い上がり動作:屈曲、前方挙上運動&外転、側方挙上運動(能動的)
  Walk Up Exercise (Active)
-
肘をまっすぐにします。指を使い、壁やドアのフレームの上を可能な限り「這(は)わせ」上げていきます。 10秒間、維持します。 3回、繰り返してください。 1日に3セットおこないます。


肩の内旋・内転運動(能動的)  Shoulder Internal Rotation (Active) -
手を背中に持っていき、反対側に持っていくように動かしてください。
10回、繰り返してください。
1日に3セットおこないます。 


肩の屈曲:前方挙上(能動的) Shoulder Flexion (Active) -
肘をまっすぐにし、天井を示すように腕を上げてください。
10秒間、維持します。
3回、繰り返してください。
1日に3セットおこないます。 


肩の外転、側方挙上運動(能動的)
  Shoulder Abduction (Active)
-
腕を外側に上げます。肘はまっすぐにし手掌は下方へ向けます。
肩をすくめたり、体幹(背骨)を傾けたりしないでください。
10秒間、維持します。
3回、繰り返してください。
1日に3セットおこないます。 


肩の伸展:後方挙上(等尺性) Shoulder Extension (Isometric) -
壁を背にし、腕をまっすぐに伸ばし、体の横に置きます。
肘をまっすぐに保ち、腕を壁に押し込むようにします。
5秒間、維持します。そして、力を緩めてください。
10回繰り返してください。


肩の外旋(等尺性) Shoulder External Rotation (Isometric) -
運動の必要な腕が壁に向かうようにして立ってください。
肘を90度曲げてください。
腕を壁に押し込むようにしてください。
5秒間、維持します。そして、緩めてください。
10回繰り返してください。


肩の内旋(等尺性) Shoulder Internal Rotation (Isometric) -
壁のコーナーや、ドアの枠内に立ってください。
角の所で、肘を90度に曲げ、病側の腕を壁に押しつけてください。
腕を壁に押し込むようにしてください。
5秒間、維持します。そして、緩めてください。
10回繰り返します。


肩の内旋 Shoulder Internal Rotation -
肘を90度に曲げます。
軽い錘(おもり)を持ち、胃の方へ手を上げていきます。
ゆっくりと、戻してください。
10回繰り返してください。
1日に3セットおこないます。


肩の外旋 Shoulder External Rotation -
肘を90度に曲げます。
軽い錘(おもり)を持ち、胃の方から離すように手を上げていきます。
ゆっくりと、戻してください。
10回繰り返します。


肩の内転(等尺性) Shoulder Adduction (Isometric) -
小さい枕を置き、上腕で体の方に押し付けます。
5秒間、維持します。
10回繰り返してください。
1日に3セットおこないます。


肩の水平伸展(等尺性) Shoulder Abduction (Isometric) -
上腕を上げ外側に抵抗があるようにします。上腕を椅子の背中に押しつけるようにしてください。
5秒間、維持します。
10回繰り返してください。
1日に3セットおこないます。

翻訳 Sep. 2005



AAOSの原文 Shoulder Surgery Exercise Guide )
Home > AAOSTitle目次

お断り:
a. この資料の日本語訳は、米国整形外科学会(the American Academy of Orthopaedic Surgeons:AAOS)の許可を得て作成されています。
b. この教育的資料を英語から日本語へ翻訳する段階で、AAOSはいかなる役割も関与しておらず、翻訳の過程で生じた、いかなる間違いや省略、および/あるいは、欠陥、欠点などに関して、AAOSはいかなる責任も負わないことを断っておきます。
c. AAOSは、成尾整形外科病院がこの情報を日本語に翻訳してくれること、そして、患者や社会市民のための教育プログラムを支持してくれることに感謝の意を表明致します。

a. The Japanese translation of this material has been produced with permission from the American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAOS).
b. AAOS played no role in the translation of this educational material from English into Japanese, and disclaims any responsibility for any errors, omissions, and/ or faults, and/or possible faults in the translation.
c. AAOS wishes to thank Naruo Orthopaedic Hospital for translating this information into Japanese and for their support of educational programs for patients and the public.


COPYRIGHT 2005-  naruoseikei All rights reserved.  成尾整形外科病院   AAOSTitle目次